2017.03.22 Wednesday

報告会無事終了

 

3月19日に「平成28年度 沖縄文化活性化・創造発信支援事業」の報告会がありました。

その際に、本事業で取り組んできた「国際芸術祭実施に向けた基盤整備事業」の総括と、「国際芸術祭実施へむけた基本構想案(素案)」を報告書(130ページ)にまとめて提示することができました。

報告書は別添資料(沖縄で始動しているアート・プロジェクト「Mabuni Peace Project Okinawa 2016」)と合わせて全国の個人・団体宛てに発送作業が続いています。

 

 

 本報告書で当法人が取り組んだのは、沖縄において継続的に実施可能な国際芸術祭の「下絵」を描くことである。  

 日本国内において国際芸術祭なるものが飽和状態であること、そしてその多くが開催場所との根がらみ(宿命的な、というべきか)の関係性を持ってはいないこと、国際芸術祭が「地域おこし」としての一種のビジネス・モデルのバリエーションで展開されていること、という認識を当法人も共有している。
 現状を踏まえたうえで再確認した当法人の基本的スタンスは、沖縄で開催する国際芸術祭とは、このようなパターンとは一線を画し、「沖縄でしかできない」「沖縄だからできる」「沖縄だからこそ国際化する必要性がある」というものである。
 この立ち位置から、当法人が国際芸術祭のビジョンを描くにあたっての方法論として採用したのは、grass-roots movement(草の根)運動)にこだわることであった。
 当法人は、すでに沖縄で始動しているアート・プロジェクトに着目し、そこから可能性と展望を導き出すことにしたのである。(本文より、抜粋)

 

※すでぃるプロジェクト実行委員会主催のアート・プロジェクト「Mabuni Peace Project Okinawa」は2017年も開催予定です。

 

2016.12.25 Sunday

シンポジウムを終えて

 

文/写真 秋友かんな

 

 

毎回、会を開く度に、「はじめまして」の方々に会えるのは嬉しいことです。

今回も様々な思い・考えが語られましたが、世代を超えての意見交換の場はどんな形であれ貴重です。

聴きながらメモに残していて一番印象に残ったのは下記です。

●話し合い自体も展覧会のように見せることはできないだろうか?

●様々な個々あるいは団体の活動の蓄積は尊く重要。その総体的な動き、生き方そのものが作品であるという考え方。

つくって観せるだけではない価値観。思想をつくるという作業。

土地。場所性。今ここで起こっていること。過去、現在、未来。

それらの言葉から、これまで重ねてきた内容も含め、今回の議題の要点が掴めた(ような)気がしました。

 

会を終えて悶々と考えていると、クリスマスイブを越しクリスマスを迎えてしまいました。

先日はあらためて「沖縄における国際芸術祭開催へ向けた可能性と課題点」について共有した時間でしたが、

国際芸術祭とは何ぞや?

私が現時点で思うのは、美術だけではなく、音楽、食、社会性、民族性など、その土地、地域の中で開催されるのだから、その場所の特色や魅力、社会問題含め、喚起、想起、奮起、提起できる装置であればいいなぁ国際芸術祭が、と思う。

 

2016年も残りわずかとなりました。

今年も、沖縄で、日本で、世界でも、自然災害、宗教的、政治的、社会的事件・事故が多数ありました。

新たな年は、少しでも平穏な年であってほしい。

そうなるために、一人一人ができることを実行していくこと。

どんな小さなことでも、思いは描くだけではなく行動すること。

 

2017年が皆さまにとりまして幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

 

[補足]

2015年から動いてきた「国際芸術祭実施に向けた基盤整備事業」は、来春3月からは新組織に移行され遂行されていく予定です。

当NPOが本事業で動いてきた経緯と経過はブックレットにまとめ2月公開予定です。

本事業が新組織に移行されて以降も、当NPOも引き続きできる限りの協力をさせていただく所存です。

 

 

「平和と鎮魂」

その国際芸術祭への可能性と課題点を探る

 

沖縄における国際芸術祭開催へ向けたシンポジウム

 

「平和と鎮魂」を世界へ発信しながら、沖縄文化を継承し、沖縄美術の現在を切り開くための、国際芸術祭開催へ必要なこととは何か?

 

会期:2016年12月23日(木)午後2時から

会場:沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室

 

内容

■第1部 事例「国際芸術祭とその組織運営」

講師:遠藤 水城(インディペンデント・キュレーター、HAPSエグゼクティブ・ディレクター)

■第2部 トークディスカッション −国際芸術祭への可能性とその課題−

パネリスト

・大城 尚子(沖縄国際大学非常勤講師=国際関係論=)

・遠藤 水城(インディペンデント・キュレーター、HAPSエグゼクティブ・ディレクター)

・新垣 安雄(マブニ・ピースプロジェクト沖縄2016参加作家)

・石垣 克子(マブニ・ピースプロジェクト沖縄2016参加作家)

他 マブニ・ピースプロジェクト沖縄2016参加作家の皆さん

 

主催:NPO法人 琉・動・体(担当:山城 吉徳)

支援:沖縄県、公益財団法人 沖縄県文化振興会「平成28年度 沖縄文化活性化・創造発信支援事業」 

 

2016.11.11 Friday

中間報告

 

【平成28年度沖縄文化活性化・創造発信支援事業】

 

10月28日、県による中間検査を無事終えました。

 

 

[国際芸術祭実施に向けた基盤整備事業]

 

事業者名:NPO法人 琉・動・体(担当:山城 吉徳)

 

事業目的:

「平和」をテーマとする国際芸術祭の沖縄での開催を実現するための基盤整備を行うことを目的とする。

 

事業内容:

々餾欸歃兀彜靄楾汁朧討虜鄒

基本構想案の作成にあたり、本事業者と関係者向けの勉強会を3回、それを踏まえた検討会の実施を行い、事業締めの2月には一般公開できる基本構想案の発表を目指します。

●第1回勉強会:沖縄県公文書館会議室(2016年6月24日17時)実施済み

●第2回勉強会:galleryラファイエット(2016年10月24日・25日15時)実施済み

●第3回勉強会:2016年12月23日開催予定

●検討会:2017年1月初旬開催予定

●基本構想案発表:2017年2月末日発表予定

※本事業の成果報告は、平成28年度沖縄文化活性化・創造発信支援事業の報告会終了後に一般公開いたします。

∩反ゲ修藩住参蹴萋阿亮損

国際芸術際の開催実現と今後の継続的な文化活動を実施していくための新組織設立を目指します。

●広報用パンフレットの作成:2016年12月中旬完成予定 → 2017年2月完成予定

〔各種団体や企業などへの打診〕〔参加者・協力者の募集〕〔一般者向け資料〕として広く配布し認知させていくための広報用パンフレットの作成。

●新組織の設立:2017年2月予定

新組織の創設に向けた活動は年間を通して実施中。

※設立後(3月予定)からは本事業計画は新組織に移行され遂行予定です。


 
[補足]

本事業の遂行にあたり、現在県内で活動を展開中の「すでぃるプロジェクト実行委員会」と、長年に渡り沖縄のアートシーンとの関わりも深いインディペンデント・キュレーターの遠藤水城さん(HAPSエグゼクティブ・ディレクター)、この両者のご協力をいただいています。

 

2016.02.23 Tuesday

文字お越しの共有と公開


文・秋友かんな


平成27年度「沖縄文化活性化・創造発信支援事業」の〆日も近づいてきました。

今年は、本NPOにとって貴重な出会いと繋がりが築けた年となりました。
知ってはいても交わることのなかった人や事に関ることは、とてもエネルギーのいることです。
でもだからこそ、得るものは大きく交わらなかったものが交わった時、それはこれまでにない新たな動きが起こる場合があります。

この一年は、そのはじまりに気づき、理解を深め、エンジンをかけた年でした。

この一年を動いてきて、私たちが提案した事業名は「Mabuni peaceトリエンナーレ(仮称)実施に向けた基盤整備」でしたが、ここで目指すゴールは国際美術展あるいは国際芸術祭の開催ではなく、トリエンナーレを実施することで、この沖縄でどれだけの繋がりと可能性が創出できるか、という使命を担っていると感じました。
それに先立ち、本NPOと「すでぃるプロジェクト実行委員会」が出会い繋がり次なるステージに向けて動き出していることは、今後、私たちが担う使命を果たしていく上で、重要なコネクトであったと信じます。

トリエンナーレの開催は点火装置のようなもので、それまでの間に、そして開催後も、それがきっかけとなり何がどう展開されていくかが重要だと考えます。

私たちは、沖縄でトリエンナーレの開催があるとした時、そのテーマとすべきは「平和・沖縄の地から発信できること」と考えていた折、正にその「平和」をテーマとする美術展『戦後70年・沖縄美術すでぃる−REGENERATION』が「すでぃるプロジェクト実行委員会」のもと始動していると聴き、その実行委員会から趣旨の説明と協力のお願いを受けた時、共感し賛同し共に発展させていこう!と決めました。

この繋がりと動きは、まだはじまったばかりです。

********************

前述が長くなってしまいましたが、そこで本NPOは「すでぃるプロジェクト実行委員会」と共に未来を切り拓いていくため、昨年11月27日にトーク・ディスカッション「平和の要石(キーストン)沖縄を築くためのロードマップ作り」を企画・実施いたしました。
多方面からお集まりいただき、様々なご意見をいただきました。 



その際に話された内容は、多くの方と共有したいので何方にもご観覧いただけるように公開しています。
是非ご一読ください。
https://drive.google.com/file/d/0B_QX3qehZVffV2NsT2w3Ymdvek0/view?usp=sharing

********************

現在、すでぃるプロジェクト実行委員会が開催した『戦後70年・沖縄美術すでぃる−REGENERATION』の記録を兼ねた、今後の展望までを含めたブックレットを製作中です。今月中に仕上がります。
2015.04.10 Friday

3年間のまとめ


沖縄県文化振興会の「沖縄文化活性化・創造発信支援事業」の報告会が先月行われました。
この3年間(平成24年〜26年度)と、これまで培ってきた動きは、しっかりこれからの動きに活かしていきます。
この3年間ご協力いただいた多くの皆様に心から感謝いたします。

>3年間のまとめ:http://www.oc-village.com/OCV24-26matome.pdf
>3年間の画像集:https://drive.google.com/file/d/0B_QX3qehZVffcGxZNWJDOXF5SUk/view?usp=sharing

本NPOが実施した創造拠点形成事業「沖縄クリエイターズビレッジ」の情報は常に公式サイトやブログ、SNS等で公開してきましたが、引き続き発信していきますので今後もどうぞよろしくお願いいたします。
>創造拠点形成事業「沖縄クリエイターズビレッジ」:http://www.oc-village.com

尚、本事業で動いてきた実施内容に関しても一つ一つ報告書を作成しています。
もっと詳細や情報が知りたい!や意見交換がしたい!等があれば、お気軽にご連絡ください。
E-mail>ryudoutai@gmail.com

2014.03.03 Monday

「森山大道プリンティングショー」無事終了


自主企画「森山大道プリンティングショー」全日程無事終了いたしました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。



片づけ作業時まで残っていた皆さまと記念撮影☆



森山大道さん☆とてもステキな人でしたね!

参加者からの「夢のようです!」の言葉が印象的です。


今回の機会を快く承諾いただいた森山大道写真財団の皆様、その関係者の皆様、
企画・協力をいただいた沖縄県立博物館・美術館 学芸員の新里義和さん、
ワークショップサポートをしてくれたギャラリーラファイエットの秋友一司さん、
他協力いただいた皆様、本当に心から感謝いたします。ありがとうございました。


この貴重な時間と経験を今後に生かしていきます。

■関連記事は会場となったspace コザの窓(OCV事務局)のFacebookページでもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/OkinawaCreatorsVillage
2014.01.29 Wednesday

「ジュネチック in コザ」開催に向けて


第2回「ジュネチック 滞在制作現代アート展」の開催を今年11月以降の冬に予定しています。
開催地は沖縄市(コザ)で調整を進めています。

開催に向けた内部での準備・話し合いは去年より始めていますが、先日(1月22日)外部から美術関係者のみならず、観光、地域の方、行政に関わっている方など、多方面からの参加による意見交換会を行いました。





貴重な意見を数多くいただきました。ありがとうございました。





会終了後に複数の方よりプロジェクションで使用していた資料がほしいというリクエストがありましたので、データを公開いたします。

■ジュネチック体制>http://www.oc-village.com/jtaisei.pdf

■ジュネチック概要>http://www.oc-village.com/jgaiyo.pdf


今後は企画(内容)の調整、要項作成、関わる人の選考、作家の選考など、いろいろです。

情報は常に公開(更新)していきますのでチェックして下さい。
2013.03.02 Saturday

イベント報告(3)沖縄市


文/秋友かんな 
写真/仲宗根あゆみ


 このたび、(公財)沖縄県文化振興会の「平成24年度沖縄文化活性化・創造発信支援事業」で当NPO法人が、沖縄市とうるま市(2つの地域)で行ったアーティストインレジデンス(滞在・制作・発表・交流)をテーマにしたイベントは、office BULATとARCADE ART SPACES & STUDIOSが連携し実現した企画です。
※「琉・動・体」は、活動する両団体の動きをバックアップしています。

 下記、沖縄市で行ったシェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設に伴うイベントの実施は、office BULATが担当しました。
[特記]シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設費(資材代)は公的資金は投じられていません。運営は民間経営となります。詳細:http://www.oc-village.com/info/2013/02/open.html


■シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設に伴うイベント

1)2)の報告:http://okiart.jugem.jp/?eid=1436854

3)中谷ノボル トークイベント「リノベーションとクリエイティブ」
日 時:2013年2月1日(金)19:30〜21:30
講 師:中谷ノボル


プロフィール
大阪市生まれ。一級建築士。
建築設計・不動産開発・現場監督を経験としたのち、1994年に「アートアンドクラフト」を設立。マンション、倉庫、ビルなどをリノベーションすることで、あたらしい都市居住のスタイルを提案しつづけている。まちづくりNPOの設立や、地域の古ビルを再生した宿泊施設の運営も手がける。2012年、アートアンドクラフト沖縄事務所を開設。

参考webサイト
□アートアンドクラフト www.a-crafts.co.jp/
□レトロであたらしいデザインホステル HOSTEL 64 Osaka www.hostel64.com/
□不動産のセレクトショップ『大阪R不動産』 www.realosakaestate.jp/


■イベント開催にあたって

沖縄の文化芸術振興と発信を行うにあたって、また創造拠点形成に取り組む「沖縄クリエイターズビレッジ事業」を推進するにおいても必要なこと。日々モデル地域の沖縄市一番街商店街周辺で動いていて感じることは「リノベーションとクリエイティブ」についてでした。今回はそのテーマで、リノベーションの前線で活躍する建築家を迎え、国内外の事例紹介、沖縄での可能性について考えるトークイベントを開催いたします。地域に埋もれたビルや空き店舗を、クリエイティブ層向けの建物に再生させていくことが、街にどう活かされるのか?を、地域の方々と参加者とであらためて考え実行できる機会になればと思います。







参加者を50名と想定していましたが、78名の来場者があり、多くの方々と気づきと学びの多かった講演を共有することができて大変嬉しく思います。

今後もクリエイティブ層向けの入居促進に努め、様々な切り口から企画を実施し、周知広報活動にも力を入れていきます。
2013.03.02 Saturday

イベント報告(1)(2)沖縄市


文/秋友かんな 
写真/平良亜弥


このたび、(公財)沖縄県文化振興会の「平成24年度沖縄文化活性化・創造発信支援事業」で当NPO法人が、沖縄市とうるま市(2つの地域)で行ったアーティストインレジデンス(滞在・制作・発表・交流)をテーマにしたイベントは、office BULATとARCADE ART SPACES & STUDIOSが連携し実現した企画です。
※「琉・動・体」は、活動する両団体の動きをバックアップしています。

下記、沖縄市で行ったシェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設に伴うイベントの実施は、office BULATが担当しました。
[特記]シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設費(資材代)は公的資金は投じられていません。運営は民間経営となります。


■シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設に伴うイベント

1)シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)ができるまでの公開作業
日 時:2013年1月7日、9日、11日、14日、16日、18日、21日、23日 
13:00〜17:00

2)実践体験ワークショップ「創る場を造る」
日 時:2013年1月23日、24日、25日
13:00〜17:00
講 師:杉浦 俊一郎

3) の報告:http://okiart.jugem.jp/?eid=1436855


★開設の作業に従事してくれたのは玉城 真(うえのいだ)さん。
入居する立場になって思考錯誤しながら作業にあたってくれました。
うえのいだHP:http://uenoida.petit.cc/
10コあるブースはどれもコンパクトながら入居者が自由に楽しめる空間になっております。 


■イベント開催にあたって

沖縄の文化芸術振興と発信を行うにあたり、創造拠点形成に取り組む「沖縄クリエイターズビレッジ事業」を推進するにおいても、県外や海外からの受け入れが可能となるアーティストインレジデンス(滞在・制作・発表・交流)機能は重要な役割を果たすと考えています。そんな場を造ることから関わり体験することで、使用されないままの空間(空き物件)がどう再生されていくのかを体感し、またこの体験をきっかけに「創る場を造る」ことを一人でも多くの方が考える機会になればと思います。

 
 




実践体験ワークショップには、インターナショナルデザインアカデミーの学生さん達、
他17人の方々が「創る場を造る」を体験しました。
共に作業に関わっていただきありがとうございました。
私たちも貴重な体験となりました。

 


■シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)ができるまでの記録

動画撮影・編集/Weishu Joe
 



KOZY CENTRAL 2階「シェアスタジオ・オフィス」入居募集中!!


■管理≫ D`spec:http://www.dspec.jp/index.html
■運営≫ MIX life-style:http://www.mixlifestyle.com/
■共同運営≫ office BULAT:http://www.office-bulat.com

※見学・質問等は管理社であるD'specへお問い合わせ下さい。
2013.02.16 Saturday

ジュネチック 活動報告


文/写真 平岡昌也



おかげ様で、「ジュネチック in 伊計島」 大盛況の内に終了いたしました。

来場者数は約5000人。

夏場は伊計ビーチの効果で自ずと盛り上がる伊計島。
季節に左右されないアートプロジェクトを冬場にやってこそ意味があるんだと思っていた反面、
少々の不安もありました。

蓋を開けてみると大盛況で。

感謝の気持ちでいっぱいです。

大勢の方がアンケートにもご協力くださり、ヒントも沢山いただけました。

今後どのような形で展開していくのか、
具体的なことはこれからですが、
また次回にでも報告させていただきます。



また、昨夜は、上海からいらっしゃった鳥本さんのトークイベント後、
アーケイド・ジュネチックの活動報告をさせていただきました。
ありがとうございました。



・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
「ジュネチック」 詳細・お問い合わせ

アーケイド(ARCADE - Art Spaces & Studios)
098-989-7176
http://www.art-arcade.com/
    


RDTの紹介

        
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
                
Search this site.

Profile
Links

Others