2016.07.16 Saturday

第2回 響宴「クガニヌカナサ(黄金の愛)」

 

今年(2016年)から響宴「クガニヌカナサ」は、沖縄の舞踊家と地方(地謡)奏者と共に「沖縄の沖縄による影絵」創作を進めています。

今後も年齢や国・言葉に関係なく、幅広い人に観てもらい心動かされる舞台を作っていきます。

 

第2回 響宴「クガニヌカナサ(黄金の愛)」企画趣意書

 

 

第2回 響宴「クガニヌカナサ(黄金の愛)」動画その1

https://youtu.be/Vfax5NnIwTI

第2回 響宴「クガニヌカナサ(黄金の愛)」動画その2

https://youtu.be/WjaocKlu4yE

 

動画提供:國吉 宏昭

國吉さーん、ありがとうございます。また次回のご来場もお待ちしております。

 

 

 

 

進捗情報はfacebookページにて公開しています。

2016.05.08 Sunday

影絵公演 響宴「クガニヌカナサ(黄金の愛)」

企画趣意書(2016年8月22日更新)

 

文・秋友 かんな(響宴「クガニヌカナサ(黄金の愛)」企画立案、コーディネート)

【目的】
 2015年6月、初めて「平和の光の柱」を見ました。

平和の光の柱(糸満市において年に2回6月と12月に投射される)は、平和の礎に刻銘されている日本・米国・英国・朝鮮半島・台湾の5ヵ国・地域の戦没者の御霊代(依り代)として5本のサーチライト(糸満市所有)が放たれ天と地を結びます。

 20万人余りの尊い命、財産、自然を奪った沖縄戦終焉の地である摩文仁(糸満市)は、祈ること(鎮魂)と平和継承をつないでいく場所です。その地で「平和の光の柱」が投射される時、多くの御魂をお迎えし共に過ごす時間がつくりたいと感じました。

 本公演は、依り代との共演を軸に、光と影の表現で陰と陽の世界観を沖縄の舞と謡が昇華させ、様々に交差する人々の思いを一つの「平和な世の中でありますように」と誘う響宴の舞台です。

 

[内容]
●公演:影絵と琉球舞踊・地方地謡による奉納公演を実施。
糸満市が所有する平和の光の柱(サーチライト)との共演、平和の礎の皆さんとの響宴、そして沖縄から世界の恒久平和を願う・祈る・発信する場として糸満市で開催します。

●講習:本公演に出演するための実践型ワークショップの実施。

 

***************
第2回企画趣意書(2015年6月22日 実施)
http://www.oc-village.com/2016.06.22.pdf

ダイジェスト動画(制作:國吉宏昭)

1)https://youtu.be/Vfax5NnIwTI

2)https://youtu.be/WjaocKlu4yE
第1回 企画趣意書(2015年12月12日 実施)
http://www.oc-village.com/info/2015.12.12.pdf

ダイジェスト動画(制作:宮城クリフ)

https://youtu.be/rOhClhwuP_A

***************

 

進捗情報はfacebookページにて公開しています。

    


RDTの紹介

        
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
                
Search this site.

Profile
Links

Others