<< ジュネチック 活動報告 | main | イベント報告(3)沖縄市 >>
2013.03.02 Saturday

イベント報告(1)(2)沖縄市


文/秋友かんな 
写真/平良亜弥


このたび、(公財)沖縄県文化振興会の「平成24年度沖縄文化活性化・創造発信支援事業」で当NPO法人が、沖縄市とうるま市(2つの地域)で行ったアーティストインレジデンス(滞在・制作・発表・交流)をテーマにしたイベントは、office BULATとARCADE ART SPACES & STUDIOSが連携し実現した企画です。
※「琉・動・体」は、活動する両団体の動きをバックアップしています。

下記、沖縄市で行ったシェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設に伴うイベントの実施は、office BULATが担当しました。
[特記]シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設費(資材代)は公的資金は投じられていません。運営は民間経営となります。


■シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)の開設に伴うイベント

1)シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)ができるまでの公開作業
日 時:2013年1月7日、9日、11日、14日、16日、18日、21日、23日 
13:00〜17:00

2)実践体験ワークショップ「創る場を造る」
日 時:2013年1月23日、24日、25日
13:00〜17:00
講 師:杉浦 俊一郎

3) の報告:http://okiart.jugem.jp/?eid=1436855


★開設の作業に従事してくれたのは玉城 真(うえのいだ)さん。
入居する立場になって思考錯誤しながら作業にあたってくれました。
うえのいだHP:http://uenoida.petit.cc/
10コあるブースはどれもコンパクトながら入居者が自由に楽しめる空間になっております。 


■イベント開催にあたって

沖縄の文化芸術振興と発信を行うにあたり、創造拠点形成に取り組む「沖縄クリエイターズビレッジ事業」を推進するにおいても、県外や海外からの受け入れが可能となるアーティストインレジデンス(滞在・制作・発表・交流)機能は重要な役割を果たすと考えています。そんな場を造ることから関わり体験することで、使用されないままの空間(空き物件)がどう再生されていくのかを体感し、またこの体験をきっかけに「創る場を造る」ことを一人でも多くの方が考える機会になればと思います。

 
 




実践体験ワークショップには、インターナショナルデザインアカデミーの学生さん達、
他17人の方々が「創る場を造る」を体験しました。
共に作業に関わっていただきありがとうございました。
私たちも貴重な体験となりました。

 


■シェアスタジオ・オフィス(1ブースレジデンス機能あり)ができるまでの記録

動画撮影・編集/Weishu Joe
 



KOZY CENTRAL 2階「シェアスタジオ・オフィス」入居募集中!!


■管理≫ D`spec:http://www.dspec.jp/index.html
■運営≫ MIX life-style:http://www.mixlifestyle.com/
■共同運営≫ office BULAT:http://www.office-bulat.com

※見学・質問等は管理社であるD'specへお問い合わせ下さい。
    


RDTの紹介

        
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Selected Entries
Categories
                
Search this site.

Profile
Links

Others