<< 中間報告 | main | シンポジウムを終えて >>
2016.12.15 Thursday

シンポジウムのお知らせ

 

「平和と鎮魂」

その国際芸術祭への可能性と課題点を探る

 

沖縄における国際芸術祭開催へ向けたシンポジウム

 

「平和と鎮魂」を世界へ発信しながら、沖縄文化を継承し、沖縄美術の現在を切り開くための、国際芸術祭開催へ必要なこととは何か?

 

会期:2016年12月23日(木)午後2時から

会場:沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室

 

内容

■第1部 事例「国際芸術祭とその組織運営」

講師:遠藤 水城(インディペンデント・キュレーター、HAPSエグゼクティブ・ディレクター)

■第2部 トークディスカッション −国際芸術祭への可能性とその課題−

パネリスト

・大城 尚子(沖縄国際大学非常勤講師=国際関係論=)

・遠藤 水城(インディペンデント・キュレーター、HAPSエグゼクティブ・ディレクター)

・新垣 安雄(マブニ・ピースプロジェクト沖縄2016参加作家)

・石垣 克子(マブニ・ピースプロジェクト沖縄2016参加作家)

他 マブニ・ピースプロジェクト沖縄2016参加作家の皆さん

 

主催:NPO法人 琉・動・体(担当:山城 吉徳)

支援:沖縄県、公益財団法人 沖縄県文化振興会「平成28年度 沖縄文化活性化・創造発信支援事業」

 

 

※午後6時より懇親会を予定しております。

 

    


RDTの紹介

        
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Selected Entries
Categories
                
Search this site.

Profile
Links

Others